部門紹介

TOPページへHOME   >   部門紹介   >   回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟 

お一人おひとりの状態に合わせた、きめ細やかなリハビリテーションをスタッフ全員が心を込めていたします

専従医師:宇野 潤一郎

回復期リハビリテーション病棟とは、ご本人ご家族と共に医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカー等が共同で作成したリハビリテーション計画に基づき、総合的なリハビリテーションを集中的に行う病棟です。寝たきり防止と家庭復帰を目的として、リハビリテーションルームでの訓練はもちろん、病棟でもご家庭に近い環境で訓練を行い、食事、歩行といった日常生活動作能力向上を目指します。

対象となる疾患と期間

疾患 入院可能な状態 入院期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後もしくは手術後の状態または義肢装着訓練を要する状態 発症または
術後2ケ月
150日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折または2肢以上の多発骨折の発症または手術後 発症または
術後2ケ月
90日以内
外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 発症または
術後2ケ月
90日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋または靭帯損傷後の状態 発症または
術後1ケ月
60日以内
股関節または膝関節の置換術後の状態 発症または
術後1ケ月
90日以内

特徴

1.チームアプローチによる充実したリハビリテーション
本病棟では、病棟専従・専任の医師・理学療法士・作業療法士と言語聴覚士が、看護師・看護補助者とともに、患者様が個々の家庭環境へ対応できるように目標を定めて進めていきます。また、患者様・ご家族と全スタッフがカンファレンスを行い、患者様お一人おひとりの状態に合ったリハビリテーションを行います。
2. 365日のリハビリテーション提供体制
本病棟に入院中の患者様は、従来のリハビリに加え、病棟専従・専任の理学療法士・作業療法士と言語聴覚士が、リハビリで獲得した基本動作(できる日常生活動作)を、訓練室だけでなく生活の場である病棟においてもできるようになること(している日常生活動作)を目指してリハビリテーションを行います。そのため、1人の患者様に複数の担当者がつき、365日リハビリテーションを提供できる体制を整えています。
3.生活の場でのリハビリテーションの重視
看護師・看護補助者は、日常生活全般のお手伝いをしながら、患者様が安心してリハビリを進められるよう援助し、リハビリで獲得した基本動作「できる日常生活動作」を日常生活に取り入れ、「している日常生活動作」となるよう、医師・リハビリスタッフ等と連携をとり、ケアを行ないます。
4.医療ソーシャルワーカーによる支援
利用できる各種社会制度の説明・手続き、転院・入所先の手配など、患者様の社会的問題についてご相談にのります。
5.家屋調査・訪問指導を行います
本病棟への入棟後、早期にご家族より資料を提供していただき、患者様のご自宅の家屋構造をシュミレーションし、今まで生活されていた環境に適応できるようにリハビリテーションを行っていきます。現状では生活が困難である場合は、住宅改修や介護用品の設置を提案させていただくことができます。
6.回復期リハビリテーション病棟の実績等
回復期リハビリテーション病棟における実績

館内図


  • 個室

  • 4床室

  • 浴室

  • トイレ動作訓練

  • 七夕の飾り付け

  • 東館2階スタッフステーション

  • デイルーム
    テレビ、図書コーナー、新聞、意見箱、携帯電話使用コーナー、給茶機などを設置。
    奥には畳コーナーもあります。
ページの先頭へ