部門紹介

TOPページへHOME   >   部門紹介   >   栄養科

栄養科

基本方針

栄養科では、医療の一環として、栄養・食事面から患者様を支援しています。

そのため、医師の指示に基づき、わかりやすく実践しやすい栄養食事指導やすべての患者様に美味しい食事を提供できるように努めています。

業務内容

1. 食材の品質管理
料理は基本的には、手作りとしています。原材料には、地産地消の物を優先的に使用するなど、安全性と品質の確保に努めています。
2. 適温での食事提供
温冷配膳車を使用し、温度管理を行いそれぞれの食事を最適な状態で提供しています。
3. 個別対応食
アレルギーや禁忌食品がある場合には、患者様に合わせた個別の食事内容で提供しています。また、摂食嚥下障害(噛む力・飲み込む機能の低下)のある方には、料理方法を工夫し、食べやすい形態の食事を提供しています。
4. 食事を楽しんでもらうために
四季が感じられるよう、祝日等に合わせて目先を変えたメニューを取り入れています。 並食においては、2種類からお好きな食事を選べる「選択食」を実施しています。
5. 個別栄養食事指導
入院及び外来の患者様を対象にそれぞれの食事内容や生活スタイルに合わせて、食事内容が無理なく継続して実践できるように相談・指導を行っています。
6. 適切な栄養管理
入院されている全患者様を対象に他職種と連携を図りながら、個々に対応した栄養ケアを実践しています。
ページの先頭へ