部門紹介

TOPページへHOME   >   部門紹介   >   看護部   >   看護部の活動

看護部の活動

ふれあい看護体験

日本看護協会主催で毎年5月に開催される「ふれあい看護体験」に当院も参加しています。

ふれあい看護体験は、地域の皆様と病院関係者が交流し、医療や看護の在り方について共に考える機会を持つこと、患者様とのふれあいを通じて、お世話することや、看護・介護することの理解と関心を深めていただくことが目的で行っています。

5月9日にふれあい看護体験を行いました。毎年多くの方にご参加いただき、今年も高校生や一般から9名の方が一緒に看護体験をされました。午前中は、各病棟で血圧測定やベッドメーキング、車椅子での移動等、患者さんとふれあいながらの看護体験をしていただきました。午後からは、施設案内と共に病院で働く各医療職者の仕事を見学。最後に、救急認定看護師から救急蘇生法やAEDの使用方法を学ぶと共に、実際に体験していただきました。高校生の中には、看護師や作業療法士、介護士を目指している方も多く、熱心に取り組んでいただき、私たちも将来一緒に働くこともあるかと嬉しく思いました。来年も地域の皆様と交流できることを楽しみに、多くの方々の参加をお待ちしています。

職場体験学習

中学生が、実際に様々な職場に出かけ、働く現場を体験することで、働くことの厳しさや楽しさを実感したり、社会のルールやマナーを学んだりする場の提供を行っています。

今回の職場体験学習では、大洲市内の中学生が当院に職場体験学習にきて下さいました。皆さん医療関係の仕事に就きたいとの希望があり、興味を持っての参加でした。

各職員へのインタビューでは、仕事の内容やその仕事に就くために今何をすべきかを積極的に質問する姿が見られ、中学生のうちからしっかり自分の将来を考えているのだと、非常に頼もしく感じました。

また、患者さんにご協力いただいて、看護体験を行ったのですが、お孫さんと同じ年頃であったためか大変喜んでいただき、生徒の皆さんも良い体験になったのではないかと思います。更に、認定看護師からは救急蘇生法について教わり、息を切らしながらの実践となりました。このような職場体験学習で地域の生徒さんをお迎えする機会を頂戴する度に、私達もこの職業に就いた頃の新鮮な気持ちを思い出します。今回ご参加下さった皆さんと、将来一緒に働くこともあるかと楽しみにしています。

その他

あしなが育英会主催の高校奨学生のつどい
救護支援を行っています。
健康フェア
八幡浜・大洲糖尿病チーム医療研修会で開催されたイベントにスタッフとして参加しています。
救急フェア
大洲消防署が毎年開催するイベントに協力しています。
ページの先頭へ