部門紹介

TOPページへHOME   >   部門紹介   >   看護部   >   教育体制

教育体制

教育理念

病院及び看護部の理念に基づき、専門職業人として臨床看護実践能力、マネジメント能力、対人関係能力、教育・研究的能力を育成するために、看護者の学習ニーズに応じた教育プログラムを実践し、看護の質向上を図る。

教育目標

  1. 対象の個別性を踏まえて、根拠に基づいた適切な看護サービスが提供できる看護師を育成する。
  2. 専門的知識・技術を習得し、指導的役割を果たせる看護師を育成する。
  3. チーム医療の一員として他職種とコミュニケーションが図れ、協働できる人材を育成する。
  4. 医療人として責任と誇りを持ち、自律的に行動できる人材を育成する。
臨床実践レベル 到達目標
レベルⅠ(新人)
  • 日常生活援助に必要な、基本的な知識・技術を身につけている。
  • 定められたマニュアルに沿って、日常の看護実践ができる。
  • 患者の人権についての意識が持てる。
  • チームの環境に適応し、チームの一員として自覚ができる。
  • 部署の勉強会や院内研修に参加する。
  • 看護研究発表会に参加する。
レベルⅡ(一人前)
  • 受け持ち患者・家族の看護上の問題を明確にし、優先度を考えた個別的な援助が実践できる。
  • 受け持ち患者の看護について、チームへの働きかけができる。
  • 院内外の研修に参加する。
  • 看護研究に参加する。
レベルⅢ(中堅)
  • 経験に基づいた患者の状況を全体として把握でき、予測した看護が実践できる。
  • あらゆる場面でリーダーシップが発揮できる。
  • 後輩の指導ができる。
  • 中心となって看護研究に取り組むことができる。
レベルⅣ
(主任・ベテラン)
  • 看護実践者としての役割モデル(理念到達のための行動、自己の看護感・自己の課題の明確化)がとれる。
  • 上司の補佐ができ、人間関係の調整ができる。
  • 参加した院内外研修を、看護実践に活かすことができる。
  • 看護研究の指導ができる。
レベルⅤ(師長)
  • 質の高い看護サービスを継続して提供できる。
  • リスクマネジメントシステムを効率的に運用できる。
  • 人材育成を目指した看護職員の教育ができる。キャリア開発の支援ができる。
  • 看護業務の円滑な運営、病院運営のために他部門との調整、交渉ができる。
  • 看護研究の推進や支援をすることができる。

認定看護師


救急看護認定看護師
福島 雄二

認定看護師とは、特定の看護分野における熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践が出来る人です。平成24年度に、当院にとって念願の救急看護認定看護師が誕生しました。

傷病は、年齢・性別・場所や時間に関係なく突然発症し、その種類も多種多様です。このように、突然救急で受診される患者さまやご家族に対して、的確なケアが提供できるように、救急看護認定看護師として、当院の救急看護のレベルアップのために、更なる自己研鑽と院内の救急関連に関する指導に当たっています。
最近は、院外講師として活動の場が広がりました。

院外発表などへの参加

日頃の看護実践の成果を、学会・研究会に発表し、更なる改善に繋げるようにしています。
年に1回院内看護研究発表会も開催しています。

研究テーマ 発表学会名
急性期病棟におけるアナムネーゼ用紙を用いた退院支援・調整への取り組み 日本脳神経外科学会四国部会
H24.6.23
最後まで生にこだわり治療に挑み続けた事例 愛媛大学医学部附属病院緩和ケアセンター2012年度緩和ケア症例検討会
H24.11.22
A病院におけるリスク感性の強化 第3回日本医療マネジメント学会愛媛県支部学術集会
H24.11.10
回復期リハビリテーション病棟における身体拘束を最小限にする取り組み 日本看護倫理学会第6回年次大会
H25.6.9
障害者施設等一般病棟における口腔内環境改善に向けての取り組み 第4回愛媛口腔ケア研究会
H25.6.25
障害者施設等一般病棟における一日3回の口腔ケア定着に向けての取り組み 第4回日本医療マネジメント学会愛媛県支部学術集会
H25.11.17
回復期リハビリテーション病棟における効果的な合同カンファレンスに向けての取り組み 第5回日本医療マネジメント学会愛媛県支部学術集会
H26.11.9
在宅復帰困難と判断された胃悪性リンパ腫患者への看護介入
~口から食べて歩いて帰りたいという思いを叶える~
第35回愛媛看護研究学会
H28.2.20
ページの先頭へ